長所でお役に立ち、短所で愛されれば、本質を生かした経営ができる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日頃から、なんでも自分一人でやろうと頑なになることがありませんか。

 

良い会社にしたい。

もっとスタッフとの関係性をよりよくしたい。

スタッフに幸せになってもらいたい。

 

そうした思いが強ければ強いほど、

自分の「弱音」や「本音」が出せなくなって行くことがあります。

 

なんとかしようと自力で頑張るほど、

周りともかみ合わなくなり、一人で空回ってばかり。

 

果たして、スタッフは本当にそんなあなたを望んでいるのでしょうか。

実際には違うのかもしれません。

 

あなたがスタッフを思うのと同じくらい、

スタッフもあなたの力になりたいと思っているのかもしれません。

 

しかし、あなたが本音で語らない限り、スタッフは何をしたらいいのかわかりません。

双方の思いがすれ違ってしまっているのです。

 

ではそこから脱却するためには、何が必要か。

それは、あなたの本音を語ることからすべては始まります。

 

リーダーだからって構えることなく「不安だ、助けてくれ」って伝えればいい

先日、私の主催している講座で、

ある会社の経営者の方が、スタッフと一緒に参加をされました。

 

その方は、いつもスタッフを引き連れ、

意欲的にいくつものセミナーで学んでいることを教えてくれました。

 

しかし、一人のスタッフからその経営者の方に向けて、

講座中にこんな本音が語られました。

 

インプットが多すぎる。もっと行動を大切にしていきたい」と。

 

実は、今までたくさんのセミナーに参加してきたけれど、

継続的に実践できていることが一つもなかったそうで、スタッフがしびれを切らしていました。

 

経営者の方は、それでも、「これからもみんなで学んで行きたい」という意思表示をしました。

 

その時、私は彼に問いを投げかけました。

なぜ学びたいんですか?何を学び、どうなりたいんですか?その源泉はなんですか?」と。

 

これは彼にとって重要な問いだったのです。

 

しかし、彼は答えられませんでした。

それでも、考えながら、自分自身にも問いかけながら、少しずつ本音を語ってくれました。

 

「セミナーで色々な経営者の成功例を聞けば聞くほど、

すごいなと思うんだけど、自分もそうなれるという実感がありませんでした。

 

その話に出てくるような経営者に近づけているとは思えず。

自分が組織の長になってから、うまくいかせた経験がないんです。

 

今でも、自分自身が良い会社にできるのか自信がない。

 

それで、うまく色々学んでやっていたつもりなんですけど。

そういうのを繰り返すうちに、本当に己が見えなくなって。」

 

私はこの言葉を聞いた時、あるフレーズに彼の「心の叫び」を感じました。

 

色々な心の本音は何段階もあるのだけれど、

一つ本音で語ってくれたところは、彼は毎日不安だったんです。

 

みんなのこと幸せにしたい、会社もよくしたいと思っていたけれど、

どうやったらいいのかわからなかった。

 

だから、色々なセミナーに参加して、その言葉を鵜呑みにして、しがみつくように信じた。

スタッフも一緒に行って学んだら、会社が良い方向へ行くんじゃないかって、動いてきたんです。

 

でも、未だに彼は不安で仕方ない。

本当は助けて欲しいんです。

 

それが彼の本音の部分だと思いました。

 

でも、彼の不安は、誰にも伝わっていませんでした。

だって、本音を伝えるのって怖いから。

 

誰だってそうです。

 

弱音なんて吐いたらバカにされるかもしれない。

できないなんていったらかっこ悪い。

 

だから、本当はめちゃくちゃ不安だけど、本当は助けて欲しいけど、

みんな経営者としての自分を保とうと頑張っているんです。

 

でも、このまま「俺が良い会社を作らなくちゃ」って思えば思うほど、

彼の不安は大きくなるばかりです。

 

だって彼には過去に「成功体験」がないから。

 

余計に外に色々な学びを求めて行って、

「よし、これで良い方向に進むんじゃないか」って思ってしまうんです。

 

でも、そうやって本音を隠したまま、

仕事のしわ寄せを全部自分で負担して、疲れ切っていたら、

いつか会社は回らなくなって行きます。

 

 

会社は一人きりではなく、全員で作り上げていくもの

世の中には、リーダーシップを発揮した経営方法がたくさん伝えられています。

 

たとえば、「リーダーは弱音を吐いちゃいけない、夢を語れ」とか、

確かにそれで成功する方は一定数いるでしょう。

 

でもそれに自分の「本質」「気質」が当てはまらない人もいる。

 

先ほどの彼は、むしろ、欠けている部分・弱点・できない部分をあらわにして、

愛される経営」をする方があっています。

 

だって、できないんですから。

自他共に認めるほど人間音痴の部分もある。

 

それならもう自分から、できない、助けて、俺わかんない、どうしたらいい、みんな力貸して、

って言えることが、彼なりのリーダーシップになり、会社はうまく回って行きます。

 

今までリーダーシップを発揮して前に出た経験がないと言うのも、欠点なんかじゃない。

正直に行って助けてもらうことで、彼はみんなから愛されるんです。

 

それこそが、「自分の本質を生かした経営」です。

 

会社は一人では成り立ちません。

良い会社はみんなで作って行くものです。

 

だから、今回彼がスタッフの前で本音を話せたことは大きな一歩でした。

 

 

人はパズルのピースのように、短所と長所を補い合っていける

人にはなぜ短所があるのでしょうか。

それは、相手の長所を生かすためです。

 

自分の短所は、人の長所を発揮できる出番なんです

 

まるでパズルのピースのように。

 

長所で人の役に立ち、

短所で人は愛される。

 

そうやって人は補い合っていくのです。

 

短所があるからこそ、人は愛される。

短所を出せないでいるのは、人から愛されることを拒んでいるのと同じです。

 

漫画や映画のキャラクターだって、

みんな何かしらの短所を持っています。

 

だからこそ、愛されるし、仲間が集まってくる。

 

完璧で、なんでもできて、誰の手も借りなければ、

なんのストーリーも生まれません。

 

誰からも応援されません。

一緒にいる意味もなくなってしまう。

 

私もそうですが、誰だって短所ってあるから。

 

私もたくさんの経営者にお会いしてきましたが、みんな欠点だらけです。

でもみんな、その欠点で周りから愛されて、支えてもらっているんです。

 

短所って傷つくし、人に迷惑をかけるんじゃないかって思うんだけど、

本当は違う。

 

大切なのは、どう言う風に短所を出していくかってことなんです。

 

 

大切なのは「可愛げ」のある短所の出し方

ズバリ、愛される短所の出し方に必要なのは、「可愛げ」です。

 

短所で愛されている人って、良い心地よさが残るんです。

 

「しょうがないな、あの人なりに良かれと思ってやってるんだろうな」って、

良いように誤解される

 

それが、短所で愛されるってことです。

 

反対に、あれやってこれやってって、一方的に押し付けるのは、

人から嫌われる短所の出し方です。

 

さらに、みんなからズバリ言われた時に、

「実は俺も前からそう思っていた、考えていた」と後出しジャンケンするのは、

もっとも相手をイライラさせます。

 

だから、もう、一番は素直になることです

 

できないことは、できない。

わからないことは、わからない。

お手上げだったら、遠慮なく白旗振る。

 

そうやって、

 

「おかげさまで」という気持ちで、

短所を生かして人から愛されながら、

 

「お互いさま」という気持ちで、

長所を生かして人の役に立って行けばいいのです。

 

それが、あなたらしい経営を築いていく秘訣です。

それがスタッフたちが輝く秘訣です。

 

 

お互いの個性を発揮しあうための出会いが必ず用意されている

面白いことに、彼と一緒に参加しているスタッフはみんな彼とは正反対で、

とてもしっかりしていて、頼り甲斐があって、

 

「社長が笑顔で出社してくれることが私の願いです」と言うほど、

優しさに満ちた方達ばかりでした。

 

なぜ、彼の元にはそんな人たちが集まっているのか。

 

それは、「彼の気質・本質・個性を発揮させるために、必要な人がセッティングされた

としか思えません。

 

人生には、「自分の短所を補ってくれる人」「自分の長所を生かせる人」との出会いが、

必ず用意されているものです。

 

きっと、あなたもそうです。

 

あなただからこそ、今のスタッフが集まったのです。

あなただからこそ、スタッフたちは今でもそばで働き続けてくれているのです。

 

自分とは正反対な人とは、初めはぎくしゃくすることもあるかもしれません。

でも、だからこそ、人は必ず補い合えるはずです。

 

そうして会社はみんなで補い合いながら作っていくものです。

 

 

会社には、セミナーでは学べないことであふれている

彼の場合、もう十分すぎるくらいたくさんの学びをしてきていたので、

一度情報の断食をするように伝えました。

 

そして、まずは、今いるスタッフから学んでいこうと話しました。

彼の周りには本当にしっかりしているスタッフが集まっていたから。

 

会社で起きることや、スタッフとの日々の中には、たくさんの学びであふれています。

 

私がいつも、講座や個人相談でお伝えしていることは、

常にそこから何を気づき、どう行動していくかを大切にしています。

 

方法論やテクニックだけを学んでも、

実践で活かせなければ意味がありません。

 

常に実践の中に学びがあります。

日々起きる問題の中に、成長があります。

 

 

まとめ:本音で語り合うことで会社のエネルギーは循環して行く

私がこのお話の中で常に意識していたことがあります。

 

それは、「会社のエネルギーを循環させる」ということです。

 

問題の当事者になると、自分たちの置かれている状況がわからなくなるものです。

でも、抽象度をあげて客観的に見てみると、見えてくることがあります。

 

例えば今回の問題で言うのなら、

今まで本音が言えず、一人きりで頑張り続けてきた経営者がいて、

周りもどうしたらいいのかわからず、意識がバラバラになっている状態でした。

 

会社のエネルギーが分散してしまい、滞っている状態です。

 

ここから脱却するには、本音で語り合うことから始まります。

 

「俺どうしたらいい?会社どうしていこう?」

って、かっこ悪くてもいいから本音で語るのです。

 

そうしてはじめて、

みんなのベクトルが合い、助け合い、支え合うことができるようになり、

全員のエネルギーが会社に循環していきます。

 

 

本音の衝突をしないと乗り越えられないことがあります。

前に進めないことがあります。

 

この記事でご紹介した会社の方々は、本音で語り合い、一致団結することで、

また新たなステージへと登って行くことができました。

 

あなたの会社やチームはどうでしょうか。

 

本音で語り合うことができていますか。

全員でベクトルを合わせ、前に進めていますか。

 

まずはあなたから。

 

本音でぶつかり、時には白旗降って、

そこから始まって行くことが必ずあるはずです。

 

あなたの光にふれるすべての人たちが幸せと豊かさに包まれ、

その光の波が世界の果てまで広がることを祈っています。

 

小田真嘉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*