経営者・起業家・リーダーのための仕事の秘訣
経営者・起業家・リーダーのための仕事の秘訣

2019.11.17 更新|2019.11.17 公開| 仕事・ビジネス

仕事が苦痛で辛くなる10つの理由と8つの対処方法

仕事が苦痛で辛くなる10つの理由と8つの対処方法

「仕事が苦痛すぎて辞めたいとばかり考えてしまう」

「今の仕事を何年も続けると考えただけで嫌になる」

そのような悩みに答えます。

仕事が苦痛に感じると、仕事の事を考えるだけで憂鬱になったり、苦しくなったりするものです。

どんなに寝ても寝た気がしない、朝起きるのが辛い。「なんで私ばっかりこんな目に…」「どうして仕事って苦痛なんだろう」と思う日があるかもしれません。

「苦痛な仕事なんて辞めればいい」という人もいます。そうはいっても、周りの環境や状況によっては、辞めたくても辞められない事もあります。

なにより、仕事を辞めても次の仕事がすぐに見つかるか分かりません。お金が心配で辞められない事もあるでしょう。

ただ、苦痛な仕事を続けたいと思う人はいないはずです。何より、苦痛に感じる仕事を続けるのは、あなたの人生にとってとても勿体ないことです。

しかし、見方を変えたら苦痛だった仕事が、天職に変わるかもしれません。転職する事で、あなたの才能や長所を活かせる仕事が見つかるかもしれません。

そこでこの記事では、以下の4点をお伝えします。

  • 仕事が苦痛に感じる10の原因
  • 仕事が苦痛でもやってはいけない3つのこと
  • 仕事が苦痛に感じる状態を改善する8つの対処方法
  • 苦痛が解消されない場合の転職について

長く感じるかもしれませんが、この記事を読み終わる頃には、今感じている憂鬱な気持ちや辛さ、モヤモヤした嫌な感じが軽くなっているはずです。

朝気持ちよく目覚める事ができ、職場へ向かう体が今よりも軽くなるはずです。

まず初めに、仕事が苦痛に感じてしまうのの主な原因をお伝えします。原因が分かれば対処する事ができるので、このまま続きを読み進めてみて下さい。

仕事が苦痛に感じてしまう10の原因

仕事が苦痛に感じてしまう主な原因が、以下の10個です。

  1. 仕事がつまらなくて苦痛に感じる
  2. 仕事が暇すぎて苦痛に感じる
  3. 人間関係が悪くて精神的に苦痛
  4. 業務内容が合わない
  5. 会社の理念や雰囲気が合わない
  6. 仕事と給料が合わないと感じる
  7. 仕事の成果が認められない
  8. 休みが取れなくて苦痛
  9. 周りのレベルが高すぎる
  10. やりたくない仕事だから

1つずつお伝えします。

1:仕事がつまらなくて苦痛に感じる

つまらないと思う仕事は苦痛に感じるものです。

  • いつも同じ事を繰り返している
  • 単純作業が多くてやり甲斐を感じない
  • 日々の仕事が簡単すぎる
  • 何のために仕事をしているのか分からない

このように仕事がつまらないと感じる状態では、仕事が苦痛に感じてしまうのも仕方ないものです。

2:仕事が暇すぎて苦痛に感じる

仕事が暇すぎることも、仕事が苦痛に感じる原因です。

仕事が暇すぎると時間が過ぎるまで長く感じますし、やる事を探しても仕事そのものがない場合もあります。

やる事はないけど遊ぶわけにもいかない。暇だけど、仕事をするフリをしないと怒られる…

そのように、やる事がなくて暇な場合も仕事が苦痛に感じるものです。

3:人間関係が悪くて精神的に苦痛

仕事は人間関係を何より大事にしたい。それなのに、職場や社内の人間関係が悪いと、仕事が苦痛に感じるはずです。

社員同士の仲が悪い。上司がいつもピリピリして空気が悪い。

人間関係の悪い職場では、仕事自体は好きでも、いつのまにか仕事が苦痛に感じるようになります。

4:業務内容が合わない

業務内容があなたに合わないと、仕事が苦痛に感じる事があります。

人見知りなのに営業の仕事を任される。計算や細かい仕事が苦手なのに、デスクワークをやらされるなど…

あなたが思う個性や本質と業務内容が合わないと、仕事が苦痛に感じるかもしれません。

5:会社の理念や雰囲気が合わない

会社の理念や雰囲気が合わないと、仕事が辛くなるものです。

仕事とプライベートを分けたいのに、職場の飲み会や食事会に強制参加させられる。休日はしっかり休みたいのに、研修やミーティングを入れられる。

このように、職場の雰囲気や価値観が合わない場合も、仕事が苦痛に感じるものです。

6:仕事と給料が合わないと感じる

仕事量や業務内容に比べて、給料が少ないと感じる場合も、仕事が苦痛になるものです。

仕事に見合った給料をもらう事は、働くモチベーションになったり、次も頑張ろうと思えたりする原動力です。

ですが、仕事を沢山こなしても給料が少ない、ノルマやレベルの高い仕事をしても給料が低い。このような状況では、仕事が苦痛に感じるのも仕方のない事です。

7:仕事の成果が認められない

仕事の成果を認められないと、仕事が苦痛に感じる原因になります。

毎月のノルマを達成しているのに認めてもらえない。会社の業績アップに貢献したのに、評価してもらえない。

それどころか「その程度のことで…」と、頑張りを否定されたり見下されたりする事があると、仕事自体が嫌になってしまうこともあります。

8:休みが取れなくて苦痛

仕事が忙しい場合や、休み自体が少ない会社の場合も、仕事が苦痛に感じてしまうことがあります。

朝早くから夜遅くまで働いて家に帰ったら寝るだけ。休みの日が1週間に1日あるかどうかだったり、毎日クタクタになるまで仕事をしたりで休みがほとんどない。

そのように仕事ばかりで疲れが取れない場合も、仕事が苦痛に感じるものです。

9:周りのレベルが高すぎる

職場や同僚のレベルが高すぎると、その場にいる事が苦痛に感じるかもしれません。

  • できる人と比べられて、ダメな奴、使えない奴だと思われているかもしれない
  • あまりにも仕事ができる同僚がいて、劣等感しか感じない
  • 周りのレベルについていくので精一杯

周りのレベルが高いと居心地が悪くなり、苦痛に感じるかもしれません。

10:やりたくない仕事だから

やりたくない仕事や、好きになれない仕事をしている場合も、仕事が苦痛に感じるものです。

1日の大半は仕事をしています。その仕事がやりたくないものや、好きになれない仕事では苦痛に感じるのも仕方ないことです。

以上が、仕事が苦痛に感じる主な10の原因でした。

あなたに当てはまるものはありましたか?もしかしたら、ここにはない原因や理由が浮かんできたかもしれません。

具体的な対処方法をお伝えする前に、仕事が苦痛に感じてもやってはいけない事をお伝えします。

仕事が苦痛でもやってはいけない3つのこと

仕事が苦痛に感じてもやってはいけないことが、以下の3つです。

  1. 自分のことを責める
  2. 周りの批判的な目や声を気にする
  3. 鬱などの精神病について調べる

1つずつお伝えします。

1:自分のことを責める

仕事が苦痛に感じても、自分自身を責めるのはやめましょう。

自分を責めると、苦痛な状態から抜け出す気力や気持ちが湧いて来なくなります。

自分を責める
↓ ↓
落ち込んで気が滅入る
↓ ↓
ますます苦痛になる

このループから抜け出せなくなってしまいます。

とはいえ、周りの環境や他人のせいにしても、仕事が苦痛に感じる現実は変わりません。

まずは「苦痛に感じる状態」と向き合うことが大切です。

もしかしたら目を背けたくなる場合もあるかもしれません。そうだとしても現実と向き合う事で、どうすれば苦痛な状態を抜け出す事ができるのか考えられるようになります。

考えることができれば、思いついたものを1つずつ実践していくことで現実を変えていく事ができます。

後ほど、仕事が苦痛な状態を解消する方法をお伝えするので、そちらも参考にしてみて下さい。

2:周りの批判的な目や声を気にする

仕事が苦痛で落ち込んでも、批判的な目や声を気にし過ぎるのもやめましょう。

会社の同僚、家族、友人はもちろん、ネットやSNSの批判的な意見も気にしない方が良いです。

苦痛の感じ方は人によって違います。悩みやすい人もいれば、悩みにくい人もいます。さまざまな仕事の痛みを経験して強くなった人もいれば、これから経験して強くなっていく人もいます。

それにも関わらず、周りの批判的な声や目を気にしても現実は何も変わりません。

周りがどう思うかなど関係ありません。あなたが今「仕事が苦痛に感じている」気持ちと向き合う事が大切です。

3:鬱などの精神病について調べる

仕事が苦痛でも、鬱などの精神病について調べるのはやめましょう。

どんな人でも仕事が苦痛に感じたり、憂鬱に感じたりすることはあるものです。

それにも関わらず「もしかしたら鬱かもしれない」とネットで症状を調べると、鬱でなくても鬱に当てはまるものを選んでしまうようになります。

すると本来は鬱ではないのに鬱だと思い込んで、本当に鬱になる場合もあります。

なので、例え仕事が苦痛に感じても、鬱などの精神病について調べるのは辞めましょう。

以上が、仕事が苦痛でもやってはいけない3つのことでした。

真面目な方や、自分の事が好きになれない場合ほど、自分を責めたり周りの声を気にしすぎたりする事があります。

しかし、自分を責めても何も変わりません。自分も他人も周りも責めず、目の前の事と向き合い次に進んでいきましょう。

というわけで、次の章からは、仕事が苦痛に感じる状態を改善する8つの対処方法をお伝えします。

仕事が苦痛に感じる状態を改善する8つの対処方法

仕事が苦痛だと感じる状態を改善する方法は、以下の8つです。

  1. 仕事をゲームに見立て遊びの要素を取り入れる
  2. 部署異動や業務内容を変えてもらえないか上司や人事部に相談する
  3. 信頼できる人や尊敬している人に相談する
  4. 会社内で交流を広げて仲のいい人を増やす
  5. 誰が見ても分かるような成果を上げる
  6. 仕事が出来る人の真似をしてスキルを高める
  7. 考えや捉え方を変えるヒントが詰まった本を読む
  8. 好きな偉人や有名人、憧れている人の物語に触れる

1つずつお伝えします。

1:仕事をゲームに見立て遊びの要素を取り入れる

仕事に飽きていたり、つまらないと感じたりする仕事は、ゲームに見立てると楽しめるようになります。

  • 簡単な仕事は、制限時間を設けたり難易度を上げたり工夫してみる
  • 周りのレベルが高くて苦痛に感じる場合は、レベル上げだと考えて与えられた仕事をこなして(倒して)いく

また、好きなキャラクターになりきって仕事をしてみるのもありです。

ゲーム感覚で遊びや楽しむ要素を仕事に取り入れると、捉え方が変わり、苦痛に感じていた仕事も楽しめるようになるはずです。

「そうは言っても…」と思うかもしれませんが、一度騙されたと思って遊びの要素を取り入れてみて下さい。

つまらない仕事や簡単な仕事も、工夫する事で今よりも楽しめるようになります。

2:部署異動や業務内容を変えてもらえないか上司や人事部に相談する

どうしても苦手な仕事や、合わない同僚がいる場合は、上司や人事部に相談してみるのも1つの方法です。

上司や人事部は、会社が上手く回るようにマネジメントする事も仕事です。なので、直接相談したら話を聞いてくれる可能性があります。

相談する際は、不満や一方的なお願いではなく、相談相手や会社のメリットを伝えられると良いでしょう。

例えば、人付き合いが得意なのにデスクワークを任されている場合は、「初対面の人とも直ぐに打ち解けられるので、営業の仕事に代えて頂ければ、会社の利益に貢献する事が出来ます。」のように伝えます。

それに加えて具体的なデータや根拠を提案できると、よりお願いを聞いてもらえる可能性が上がります。ダメ元で上司や人事部に相談してみて下さい。

3:信頼できる人や尊敬している人に相談する

仕事が苦痛に感じるのは、1人で抱え込み過ぎているからかもしれません。

1人で抱え込まずに、今抱えている気持ちを信頼できる人や尊敬している人に相談してみて下さい。

  • 家族
  • 友人
  • 同僚
  • 上司

話す事で気持ちが楽になるはずです。

また、話している間に考えや気持ちが整理されて、意外なところに苦痛に感じる原因があったと気付けるかもしれません。

4:会社内で交流を広げて仲のいい人を増やす

社内で何気ない会話が出来る人を増やす事も、苦痛に感じる気持ちを和らげる1つの方法です。

仕事が苦痛だとしても、社内に仲の良い人が増えると「あの人と喋べるのが楽しいから頑張って仕事に行くか」と思えてくるものです。

社内で飲み会やイベントがあれば積極的に参加してみたり、他部署の人たちとコミュニケーションを取ったりしてみて下さい。

社内に仲間を増やしていきましょう。

5:誰が見ても分かる成果を上げる

仕事の成果が認められない場合や、給料が少なくて不満がある場合は、誰が見ても分かる成果を上げるのも1つの方法です。

自分では「これくらいの成果を上げれば評価してもらえるだろう」と思うことも、上司や会社からすると「物足りない」と判断される場合があります。

  • 営業成績でNO1になる
  • 会社の売上に貢献する仕事をする

誰が見ても分かる成果を上げれば、上司や会社も認めざるを得ません。

それくらいの成果を上げれば仕事のスキルも身に付きます。

もし成果を上げても評価されないと感じたら、身につけたスキルや経験を活かして、より待遇のいい会社への転職をしましょう。

6:仕事が出来る人の真似をしてスキルを高める

周りのレベルが高い場合や、ミスが続くと仕事が苦痛に感じる時は、仕事ができる人をよく観察して真似をしてみて下さい。

  • 普段どんな言葉を使っているか
  • どんな姿勢や立ち振る舞いをしているか
  • どのように仕事を進めているか

できる限り細かく観察して徹底的に真似してみます。

初めは違和感があるかもしれませんが、それでも真似し続けてみて下さい。

真似をしている間に仕事ができる人の感覚が少しずつ分かってきて、いつの間にか、あなたも仕事ができる人に変わっているはずです。

7:考えや捉え方を変えるヒントが詰まった本を読む

本を読んでみることも、仕事が苦痛に感じる気持ちを改善する1つの方法です。

本には困難を乗り越える方法や、著者自身のエピソードや教訓が詰まっています。

「もう自分の人生ダメかもしれない」と思うような状況でも、たった1冊の本との出会いにより、目の前の景色がガラッと変わることもあります。

それはまるで、真っ暗な世界に光が差し込み、春の陽気のような暖かい気持ちになれることさえあります。

考えや捉え方を変えるヒントが得られる本として、以下の3冊はとてもおすすめです。

一瞬で自分を変える法

ビル・クリントン(元大統領)やレディーガガをクライアントに持つ、アンソニー・ロビンズという著者が書いた本です。読みやすい上に、今すぐ使える心理学が学べます。

新・陽転思考

起きたできごとの捉え方を、論理的に学べる本です。ネガティブな性格や自分の嫌いなところも、陽転思考を読むと受け入れられるようになります。

人生の意味

とても長い本ですが、10回読んでも学びと気づきが得られる本です。捉え方を変えるヒントが得られるのはもちろん、目次をパッと見て、気になる所を読むだけで今必要なメッセージが受け取れます。

8:好きな偉人や有名人、憧れている人の物語に触れる

仕事が苦痛に感じると「なんでこれほど苦しまなきゃいけないんだ」とか「なぜ毎日嫌な仕事をしなければいけないの」と思ってしまうことがあります。

そのような時は、好きな偉人や有名人の物語(人生ストーリー)に触れることも、仕事が苦痛に感じる気持ちを乗り越える方法です。

輝いて見える有名なあの人も、実は苦しくて辛い経験をしているかもしれません。それどころか、輝いて見える人ほど、過去に大きな苦しみや辛い経験をしているものです。

当サイトの監修者である小田真嘉さんは、自身が主催する講座の中で以下のような話をしています。

「誰でも、過去に嫌な経験や辛くて苦しい経験をしています。その辛く苦しい経験は無駄ではありません。

今は苦しくて辛いことも、数年後、あの苦しかった経験のおかげでと言える日がくるはずです。今までの人生を振り返ると、あなたにもそのような経験がありますでしょう?」

憧れるような偉人や著名人でも、過去に苦しい経験や辛い経験を乗り越えていると分かれば「苦しいけど…もう少し頑張ってみよう」と前向きな気持ちが湧いてくるものです。

好きな著名人や有名人がいる場合は、その人の歴史を調べて、人生ストーリーに触れてみましょう。

以上が、仕事が苦痛に感じる状態を改善する8つの方法でした。

できそうなことから実践してみて下さい。1つずつ試してみる事で、今抱えている憂鬱な気持ちや痛みが軽くなるはずですので。

ただ、ここでお伝えした方法を試しても苦痛な気持ちが消えない場合があるもしれません。

そのような時は、本格的に転職も考えた方が良さそうです。

苦痛な状態が変わらなければ転職する

出来る事は試したけど、何も変わらなかった。色々やってみたけど、苦痛な状態が何ヶ月も続いている。

このような場合は、今の職場から離れるタイミングかもしれません。

状況を好転させようと出来る事を試していくと、どれかがキッカケで現実が変わり始めていきます。

それにも関わらず、何をしても現状が変わらないのは、今の職場が合わないか、仕事そのものが合わない可能性があります。

それに、苦痛な状態が長く続いたまま仕事を続けるのは、あなたの人生にとって勿体ない事です。

  • 毎朝嫌な気持ちのまま起きて、重い体を引きずりながら仕事へ行く
  • 仕事中も嫌で嫌で仕方なくて、辞めたいとばかり考えてしまう
  • リフレッシュしようと思っても、仕事が浮かぶだけで気分が落ち込む

苦痛な仕事を我慢して続けても、あなた自身の為になりません。周りの人にも悪影響を与えてしまう可能性もあります。

「そうはいってもお金が必要だし」と思うかもしれませんが、生活費を稼ぐだけでいいなら仕事は他にも沢山あります。

沢山ある仕事の中から、あえて苦痛に感じる仕事を続けなくてもいいと思いませんか?

出来る事は試したけど何も変わらなかった。色々やってみたけど、苦痛な状態が何ヶ月も続いている。

このような場合は、本格的に転職も考えてみて下さい。

まとめ

仕事が苦痛になる主な原因は以下の10個です。

  1. 仕事がつまらなくて苦痛に感じる
  2. 仕事が暇すぎて苦痛に感じる
  3. 人間関係が悪くて精神的に苦痛
  4. 業務内容が合わない
  5. 会社の理念や雰囲気が合わない
  6. 仕事と給料が合わないと感じる
  7. 仕事の成果が認められない
  8. 休みが取れなくて苦痛
  9. 周りのレベルが高すぎる
  10. やりたくない仕事だから

そして、たとえ仕事が苦痛に感じてもやってはいけないことが、以下の3つです。

  1. 自分のことを責める
  2. 周りの批判的な目や声を気にする
  3. 鬱などの精神病について調べる

最後に、仕事が苦痛だと感じる状態を改善する方法は、以下の8つです。

  1. 仕事をゲームに見立て遊びの要素を取り入れる
  2. 部署異動や業務内容を変えてもらえないか上司や人事部に相談する
  3. 信頼できる人や尊敬している人に相談する
  4. 会社内で交流を広げて仲のいい人を増やす
  5. 誰が見ても分かるような成果を上げる
  6. 仕事が出来る人の真似をしてスキルを高める
  7. 考えや捉え方を変えるヒントが詰まった本を読む
  8. 好きな偉人や有名人、憧れている人の物語に触れる

ただ、苦痛な状態が続いたまま仕事を続けるのは、良い状態とはいえません。それに、あなたの人生にとって勿体ないことです。

お伝えした改善方法を、出来ることから試してみて下さい。今感じている憂鬱な気持ちや辛さ、モヤモヤした嫌なものが軽くなっているはずです。

いきなり「仕事が楽しみで仕方ない」と思えなくても「今日もやってみるか」と思えるようになっていきましょう。

電子書籍「THE SHIFT」プレゼント
小田真嘉(おだ まさよし)

監修・小田真嘉(おだまさよし)

経営コンサルタント。これまで1,000社以上の経営者と、1万人以上の現場スタッフ、マネージャー、リーダーたちとの深い対話から、働き方と生き方には4段階のステージがあることを解明し「進化の4段階説」を体系化。現在は、上場企業、リーディングカンパニー、老舗企業、個性的な小さな会社、業界のリーダー的経営者、第一線で活躍するプロフェッショナル、作家、講師、コンサルタント、コミュニティ主催者などの「リーダーの相談役」として活動。

牛窪俊浩(うしくぼとしひろ)

著者・牛窪俊浩(うしくぼとしひろ)

自身の経験をベースとした、月間30万PVのブログを運営。累計2000人以上の相談に乗るも、本質的にクライアントを本当の幸せに導けているのかという疑問が拭い去れず、心に迷いが生じ始める。そんな時に、小田さんが講師をされているNEXT DIMENSIONという講座に出会い、古神道をベースとした、日本神話、仕事の原理原則、ステージ理論など仕事における帝王学を学ぶ。その後、真髄を自身のビジネスに生かした結果、自分自身もさらに良くなり、今では、多くの人の相談に乗りながらも、小田さんの講座THE SHIFTのナビゲーターや、NEXT DIMENSIONの運営を任されるようになる。